バストアップと血液には強い関係がある

バストは何によって作られているかという事を考えてみると、やはり脂肪という事になるでしょう。

 

ではその脂肪は何によって作られているのかという風に順番に考えて行くと結局の所血液という事になる訳です。

 

これの量が多ければ多いほどバストに栄養が行き届く訳ですから、頑張って増やして行きたい所ですよね。

 

さて、そんな時に重要なのがマッサージという事になるでしょう。

 

これをすることによって、バストが大きくなるかも知れないのです。

 

一番基本的な格好なんですけど両手を合わせた状態で、そのまま強く押すというのがあります。

 

文章で見ると意味がよく分らないかも知れませんけど、要するに仏像みたいな状態になってくださいという事なんです。

 

よくやっていますよね、手と手を合わせて拝むような格好です。

 

その後はバストの周辺を円を描くように撫で回してください。

 

そうする事によって血流量が増加すると考えられているのです。

 

直ぐに効果が出るものではないですから、何をやっているんだろうという感じになってしまいがちなのですけど、ここで諦めてしまってはいけません。

 

しばらく続けていれば効果が出るんだという事を信じて頑張ってみてくださいね。

 

そうやって耐えた人が最終的にはバストアップできるのです。

 

ストレスフリーでバストアップ効果

 

ラクトゲン受容体という女性ホルモンを受け取る部分が少ない人はバストが小さくなる傾向があるのだそうです。

 

ただしこれも頑張り次第である程度は増やすことができるとも言われていますので、努力のしがいがあると思います。

 

ただ、その前提としてストレスをできる限り減らすように心がけるという事が大切になると思います。

 

やっぱりストレスがあるよりは無い方が絶対にいい訳ですからね。

 

ですからまず何か悩んでいる事があるのだとしたら、それを解決すべきでしょう。

 

場合によってはそれだけでバストアップできるケースもあるかも知れませんからね。

 

今の世の中というのは仕事にしてもプライベートにしても、とにかくストレスが溜まりやすい社会だと言われています。

 

たまに気分転換する等してこの様なストレスを減らすようにしておきましょう。

 

その上で適切なバストアップ対策を取るというのが重要になると思います。

 

それまでAカップだった人がCカップ以上になるなんて事も珍しくは無いと聞きました。

 

ただ、やはりストレスだけが原因という訳でもない訳ですから、複合的な取り組みを行うことを推奨します。

 

大胸筋のトレーニングなんかはオススメですね。

 

これは直接バストに刺激を加える事ができるので高い効果が期待されます。